医療器具

データ化して共有する

情報共有はとても大切です

会議中

情報共有は大切というのは、昔から言われてきました。ほうれんそうと言い、ほうは報告、れんは連絡、そうは相談と昔は言っていたものです。最近はIT企業などが流行っていてそのため自由な働き方が注目される事になりました。それは個人の自主性があるという点では力を生かしやすいですし、自由な働き方ができるために時間にも余裕ができます。確かにこれは大切ですが、個人どうし、部署どうしの情報がばらばらになっているのではないかと思います。特に多いのが営業部だけが情報を持っていて、独占的に仕事をしているということです。確かに営業が重要な部門であることには、代わりはありませんが、他の部門との連携を取る事が非常に大切です。

こまめな会議が大切です

情報共有の方法は色々とあると思います。データベース化して会社の部門全てが見れるようなものを作ればいいという会社も多いです。たしかに実際に効果はあるのですが個人情報の問題があります。会社や部署によりますが、とても重大な個人情報はあまり多くの人の目に触れるというのは避けたほうが懸命だと思います。そこで、こまめな会議が大切ということになります。昔は当然でしたが最近はそのような文化も失われてきています。細かい情報からおおまかな会社の流れなど、やはりデータベースではなく面と向かって話し合う事が情報共有に一番効果があるようです。情報共有は、情報が溢れている現在の社会や、会社だからこそ必要なものではないかと思います。

Copyright ©2015 AEDが命を救う|緊急時のために出来ることの価格 All Rights Reserved.

Designed by Free Flash Templates